ふがれす北海道地区ブログ

ふがれすは捨てられたり飼育放棄された犬(主にパグ、フレンチブルドッグ、狆などの短吻種)を保護し、終の棲家となる里親さんを募集し探す活動をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【保護】ひよ吉150号

【里親様決定!!】8/12追記
先日、ひよ吉150号の里親希望者様が面会をし、
トライアルなしでの譲渡が決定いたしました!!(19日を予定)

詳しい内容は、譲渡後にアップしたいと思いますが、
日々の様子は預かりをしているグリママさんが書かれていますので
グリママさんのブログをご覧ください。




※正式な里親募集は、去勢後になりますが、
詳しく話を聞いてみたいという方は、「お問い合わせ」か、ふがれすHPより、気軽にご連絡ください。




~以下、ひよ吉150号さんの情報です~

※ふがれすHPから引取り依頼が有りました。


【保護犬の種類と号数】 黒パグ 150号 

【体重】 7.95キロ

【年齢】  H23年生まれ 2才。

【預かり先の都道府県名】  北海道札幌市

【去勢・避妊の有無】   未去勢 (8/7 手術予定)

【フィラリア検査の結果】 マイナス 

【ワクチン接種の有無】 H25年7/19 8種接種済み

【性格・癖・注意事項など】2歳らしく元気でパワフル、明るく賢い子です。
用心深いですが慣れれば人懐こいです。
人より犬が好き。           
従順ですが、頑固な一面もあります。

【条件】特になし。受容れてくださるご家庭なら。

【健康面-特記事項】

・一般血液検査 問題なし。
・フィラリア (-)
・去勢手術前検査のレントゲンでも、気管支と心臓などに問題なし。
・「測定過大」の症状有り。
歩き方が、まるで社会主義の兵士の行進のように一度直角に投げ出すような感じです。
前飼い主からも「散歩で歩くとすぐに前足の爪の上をこすって流血するため歩かせられない」とのお話があり、ドクターに相談したところ、歩く様子を見たドクターから「測定過大」と診断されました。
積極的に診断するのであれば大学病院でのMRIになるそうです。小脳あるいは脊椎の奇形・異常が原因と考えられるが、現段階では経過観察するしかないでしょうとのこと。
レントゲンの背骨は前足と後ろ足の間で大きく内側に湾曲していました。
お散歩時に靴を履かせるか、芝生などの柔らかいところを歩かせるかしか、対応はありません。
注意は必要と思いますが、日常生活ではお散歩以外に問題は起きていません。

・前飼い主の元では、夜間は室内でケージ、日中は裏庭の日陰になる所につながれていました。
フリーにすると少々興奮します。

・ケージやサークルは、入れる時に少し抵抗しますが、入ってしまえばおとなしく入っています。

・マーキング癖有り。
トイレシートの認識あり。
誘導すればシートでできます。

・前飼い主のところでは1歳のラブラドールと同居していました。犬との遊び方が豪快です。
預かり宅のハイシニアのパグとは一緒にできません。
元気な遊び友達が欲しいところです。

・じゃっかん2歳なのに、前飼い主で3軒目の家庭を流れてきたひよ吉です。
コマンドもほとんど入っていませんし、いろいろな経験が不足しているように感じます。
素直な子なので、これから少しづつコミュニケーションをとっていきたいと思います。


 
【預かりブログURL】 
グリママさんのブログ:「グリ★ネロ★じぃじ ちょっとパグな生活。
http://guri2nero.blog26.fc2.com/

2013_0719jdt0028b.jpg
2013_0718uzura0013b.jpg
2013_0719jdt0036b.jpg
スポンサーサイト
[ 2013/07/24 22:04 ] 保護情報 | TB(-) | CM(0)
カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。